中国語検定、多言語と英会話のアップルk大阪梅田と難波校

よくあるご質問

   
Q31

中国語検定は、どのようなものですか?

A

A日本中国語検定協会が主催している「中国語検定」は、1981年に始まった中国語の能力を問う資格試験で、毎年多くの中国語学習者が受験しています。
日本国内では知名度、受験会場数(53都市)、受験者数で最大の中国語資格であり、1級、準1級、2級、3級、4級、準4級の6つのレベルに分けられています。レベルに応じて受験することが出来ますが、難易度が高いことでも知られています。
たとえば中国語検定2級でも数年間しっかりと勉強をしている方でないと難しく感じられますし、さらに最高レベルである1級ですと、中国語の通訳や翻訳を仕事にされている方であっても対策をとって勉強をしていないと合格するのが難しいと言われています。

そのため、中国語検定にチャレンジされる際には、プロの講師にカリキュラムを組んでもらい、計画的に学習していくことが望ましいと言えるでしょう。
アップルKでは大阪梅田校、難波校どちらも中国語検定に特化した対策講座を開講しております。全体としてはプライベートレッスンを受講されている方がほとんどですが、難波校では大阪では数少ないグループレッスンの開講もございます。生徒様のレベルに合わせて合格を目指してベテランのネイティブ講師が丁寧に指導をしていきます。
他にも中国の大学へ入学する際に有効なHSK、ビジネスシーンで需要のあるTECCなどといったその他資格試験に関しての対策も行っております。
大阪梅田校、難波校、共に各沿線からすぐのところに立地しておりますので、アクセスも便利です。まずはお気軽に体験レッスンからお試しください。

一覧へ戻る

   

ページトップへ