大阪の英会話学校でお勉強されたい方は 梅田&難波のアップルk

よくあるご質問

   
Q34

大阪で留学準備をしたい

A

勉強内容は現在のレベルや目標にもよりますが、留学前に英会話を勉強しておくだけでたくさんのメリットがあります。留学に行けば自然に話せるようになるわけではないので、勉強の仕方をある程度確立しておくと留学に行ってからも学校の宿題だけで毎日を終えることなく、有意義に過ごせることでしょう。
「英語」と「英会話」は、違います。「違う」と言うと語弊があるかもしれませんが、 少なくとも学生時代に勉強がよくできて、「英語なら得意だった」「受験英語なら自信がある」「TOEICは900以上だ」という人たちが「英会話」ができるかというとそれはまた別の話なのです。
もちろん、話すにあたって必要なリスニング力や語彙は役立つこともあります。ただ、いくら相手の言っていることが聞き取れてそのことに対する正しい受け答え方を知っていても、それが実際に自分の口から出てこなければ「会話」とは言えないのです。
よって、まずは「英会話」をできるだけ練習すること。ただ単語を一つずつ覚えたり文法のドリルをしたりするのではなく、たくさん聞いて、たくさん話して、たくさん間違えて度胸をつけておくことも大切な留学準備だと言えます。
留学前に勉強しておくメリットとして、「入学時のクラス分けテストで良いクラスに入れると、留学中の勉強のレベルと質も早く上がる。日本人の偏りが多いクラスにならずに済む。
行ってから少しずつレベルを上げる必要がないので、無駄がない」「日常生活に困らないので学校の勉強に集中できる」といったものが挙げられます。お金と時間をかけて行く、貴重な留学。効率を考えると、日本での勉強も軽く考えられないですよね。
特に日本人は、海外の生徒と比べると文法は得意ですが話す力が不足しているので、全体のレベルで振り分けられたときに自分よりスラスラと話せる外国人生徒に囲まれることがほとんどです。
そこで慌てないように、今のうちから対策として「とにかく口に出す」という瞬発力を身につけるため、英会話を勉強しておきましょう。きっと留学が実現したときに、「事前に勉強しておいて良かった!」と思う瞬間が何度も訪れるはずです。
梅田校と難波校それぞれにカウンセラーがおりますので気軽にご相談下さい。

一覧へ戻る

   

ページトップへ